LIGHTHOUSE FOR INNOVATORS & ENTREPRENEURS

StudenX report: STUDENTx Meetup Vol.3

2014/07/11 | By IMPACT Japan

StudentX Tokyo Meetup Vol3_9382 copy
 学生と社会とを結ぶ新たなカタチのコミュニティを目指している『STUDENTx』では、毎月定例イベントを開催しています。3回目となる6月20日のイベントにも多くの学生やSTUDENTxをサポートしてくれる人たちが集まってくださいました。

 また、毎回さまざまなジャンルからゲストスピーカーを招いての、ショート・プレゼンテーションを行っていますが、この日は二人のアントレプレナーをお招きしました。

StudentX Tokyo Meetup Vol3_9324 copy

 1人目のゲストの曾超繁(チャン・チュウファン)さんは、オンライン教育システム「ClassDo;」の共同創業者兼CEOとして、なぜ教育向けのスタートアップビジネスをはじめたのかについて、ご自身の経歴をベースにながら話をしていただきました。マレーシア生まれでシンガポールに育ち、高校からカナダで就職もしていたというチュウファンさん。ある日、自身のおかれた環境に疑問を持ちはじめ、さらに新しい世界へと次々とチャレンジしていったそうです。日本に来てからは複数の企業に勤め、金融システムの開発も手掛けていたのですが、自身のスキルが常日ごろから疑問に思っていた教育の分野にも活かせるのではないかと思い、ClassDoのビジネスをスタートしました。トークは英語でしたが、終わった後は日本語も話せるチュウファンさんを囲んで、たくさんの学生たちがいろいろな話で盛りあがっていました。

 2人目のゲストの本荘修二さんは、日本の大企業や有名なコンサルティング会社で務めた経験がありますが、今は経営コンサルタントとして独立していて、多摩大学客員教授としてMBAを教えるなどしている方です。和服姿であらわれた本荘さんは、英語で自身の経歴や仕事にかける思いをストレートに語り、学生たちがどんどん話に引き込まれていく様子が印象的でした。本荘さんの元にもたくさんの学生たちが質問に詰めかけ、会場が閉まる時間ぎりぎりまで話をしてくださっていました。

 今回とても印象的だったのは、チュウファンさんと本荘さんはSTUDENTxの会場で初めて会い、トークの内容もお互い知らなかったにもかかわらず、最後に同じメッセージを学生たちに贈ってくれたことでした。そのメッセージとは、「DO IT!」。考えるよりも行動して、それから考えたほうが絶対にいいし、絶対に楽しい。これから社会に飛び出す参加者たちにとっては、最高に力づけられるメッセージとなりました。

StudentX Tokyo Meetup Vol3_9387 copy

 次回の定例イベントもぜひみなさん参加してください。案内はこちらのFacebookページにある情報をご覧ください。https://www.facebook.com/studentx.co/info

Featured Projects