LIGHTHOUSE FOR INNOVATORS & ENTREPRENEURS

INTILAQ Tohoku Innovators Hub Project

2013/07/16 | By IMPACT Japan

intilaq_logo
東北復興に、日本、そして、世界の智慧・リソースを活かす、「カタール・東北・イノベーター・プラットフォーム」(INTILAQ) プロジェクトにつきまして、東日本大震災の被災地復興支援プロジェクトに資金を援助するカタール国の基金「カタールフレンド基金(以下QFF)」(議長:ユセフ・モハメド・ビラール駐日カタール国特命全権大使)より、助成を頂くことが決定致しました。 これにより、2013年7月5日、カタール国大使館にて、調印式が行われました。

「インティラク東北・イノベーターズハブ」(INTILAQ)

Open Innovation IMPACT Japan が持つグローバルなリソースネットワークを活用し、革新的なアイデアを持つ起業家、イノベーターの発掘・育成、次世代を切り開くリーダーによる事業実践を可能にするオープンイノベーションプラットフォームを構築する事業です。 日本では初めての試みとなりますが、海外では、チリ地震の後、チリの経済省が世界の起業家と連携して起業振興で復興を図るスタートアップチリなどがすでに始動しており、韓国有力銀行の連合も、同様のプラットフォームを今年からスタートしています。 仙台に設立するQFF東北センター(仮称)を中心に、このプラットフォームを通じ、世界の起業家・イノベーターともつながるメンバーのコミュニティ形成と成長を促す生態系を創出します。ここから、東北各地に起業家を輩出し、地域の新産業育成・活性化に寄与するシステムの確立を目指します。 INTILAQ東北センター(仮称):新規事業のアイデアを持つメンバーが、センターで提供される起業のための各種実践プログラムやイベントに参加したり、センターに来訪する世界的に著名な起業家等のメンター、同じ志をもってアイデアを語り合う仲間達と触れ合いながら、試行錯誤することにより、起業するまでに成長する実践の場。東京のリソースセンターと結ぶことにより、東京在住の IMPACT Japan の有力メンバー(主として企業の経営者、コンサルタント等)の助言、リソースの活用や、大企業とのプロジェクト協働も可能。

INTILAQ東北センターの主要機能

  • TechShop(DIY工房):3Dプリンター等各種工具により、デザイン思考の実践、ラピッドプロトタイピングを可能にするTechShopは、米オバマ大統領がアメリカ製造業の国内回帰、復活をもたらすものとして期待する“MAKE”(個人ものづくり起業家輩出)の原動力(最近の例では、GMがTechShopと協働で、オープンイノベーションハブを設立)
  • シェアオフィス・コワーキング:多様多彩なメンバーの協働
  • イベント:新しいアイデア、イノベーティブな活動を地域に発信、多様な人材を結集
  • ワークショップ:デザイン思考、スタートアップWeekEndなど多彩な起業・ビジネスイノベーション関連の実践トレイニング提供
  • レジデント:海外の著名な起業家が滞在して、メンタリングを行ったり、企業派遣研修生が滞在して、東北で新規事業を実践
  • FabCafe:地元に開かれた、ものづくりカフェ

“カタールフレンド基金は東北地方視察を終え、 4つの新たな支援プロジェクトを決定”カタールフレンド基金 “QFF announces new projects for Japan”GULF TIMES

Featured Projects