LIGHTHOUSE FOR INNOVATORS & ENTREPRENEURS

名誉理事

Picture of Sadahiko Yoshimura

ジョン・ヴィクター・ルース 元・駐日米国大使
名誉理事

元・アメリカ合衆国駐在日本国特命全権大使

2009年8月16日に就任。着任後は日本の都道府県の半数以上を訪れ、政府首脳や実業家、学生たちと豊かで活発な対話を行い、親しい関係を構築した。日本と米国が直面するセキュリティや経済、世界的な課題に取り組みつつ、コミュニケーションや技術革新、起業家精神、再生可能エネルギー、学術交流、および貿易問題の領域にも特別な関心を持ち、ハーグ条約に関連した問題にも日本と密接に話し合いながら取り組んだ。また、2010年8月6日に広島の原爆記念式典に出席する初めての米国公務員となった。

ルース元大使を大使に選任したオバマ大統領は「アメリカ合衆国と日本の協力関係はひとつの巨大な利益を生み出せる関係であり、ルースはその関係を構築するのに最もふさわしい、優れた判断力と卓越した知性を持った人物である。彼は私のとても親しい友人であり、身近なアドバイザーでもある。最新のテクノロジーを扱う民間企業での勤務経験もあり、公益事業にも深い関心を持ち、両国の地域的および世界的な関係の強化を手伝うことができる人物であると確信している」と高く評価している。

サンフランシスコ出身。スタンフォード大学を優れた成績で卒業し、1980年スタンフォード大学ロースクール法学博士を取得し、全米優等法学生会賞を受賞。大使に指名される前は、技術や生命科学で新成長する企業のサポートを行うウィルソン・ソンズィニ・グッドリッチ&ロサーティ法律事務所の経営最高責任者として勤務し、ソフトウェアや通信企業、インターネット、バイオテクノロジー、そして現在注目を集めるクリーン技術や再生可能エネルギーの分野において、シリコンバレーの技術革新の波が吹き荒れる中、数々の会社を正しく導くことを手伝った。

1991年から1999年までカリフォルニア州の公立学校委員会で働き、政治上はオバマ大統領の選挙キャンペーンに加わる前にウォルター・モンデール、ビル・ブラッドリーとジョン・ケリーのために大統領選挙戦に取り組んだ。スタンフォード大学教育学部諮問委員会とロースクール学部長諮問の委員会も努め、大学に対する長年のボランティアに携わった経験が評価され、スタンフォード・アソシエーツのメンバーシップにも選ばれている。

Featured Projects
















Rimons twitter widget by Rimon Habib